本日の「1分間のプチ情報」

「新型肺炎」の一件があってから、『テイクアウト』が
当たり前になってきた飲食店ですが、同じ業種の店とは差別化を図らねば
なりません。

では、一体どうすれば、いいのでしょうか?

あるお店は、元々テイクアウトをしていなかったのですが、昨年から続く事で
テイクアウトを実施。
固定客に、そのままテイクアウトを利用してもらえる様に
お客様の注文を聞いて、ただ盛り付けて用意するだけでは無く
『コミニュケーション』を目的に、注文が入ってから
目の前で盛り付けたり、『おまけ』をしたり、嫌いな物があれば
別な物と交換したり。

それを繰り返している内に、新しい固定客が付き
売り上げに貢献して頂いているそうです。

それと、忘れてはいけない、SNS効果。
『本日のテイクアウトメニュー』として、毎日の様に
投稿しているのもそうですが
Instagramにおいて、ショップを開き
ボタン1つで注文が、出来る様になったため
その効果も実を結んだそうです。

そしてテイクアウト用の容器にもこだわりがある様で
『脂』物がある時は、しみこまない様な物を選んだり
店の雰囲気に合う様な容器を選んだりする必要がありました。

この様に、『テイクアウト』1つとっても、
工夫とアイデアが生きていますね。